料理レシピやヘアアレンジは動画で学ぶ!DelishKitchenやTastyなどFacebookページを活用する8つの動画メディア

facebook_videos
Pocket

2016年1月に日本でも正式リリースされたBuzzFeedをはじめとし、今、世界中のWEBメディアはその流入の多くをFacebookなどのソーシャルメディアに大きく依存しています。分散型メディアに関するこの記事でも述べた点ですが、世の中に価値ある情報を届けることがメディアの役割だとすれば、今後、メディアはその自社サイトではなく、より多くの人がいるプラットフォームに最適な形で情報を提供していくようになるでしょう。

Facebook、Instagram、YouTube、Twitterなどのスマホアプリ上で多くの時間を人々が費やしているのであれば、その場所にフィットする形でコンテンツを配信するほうがそのコンテンツを見てもらえる割合は多くなります。例えばこの後ご紹介するFacebookページの「Tasty」はスタートから半年経たずに3,500万いいね!、累計のページビューは15億をゆうに超えています。
続きを読む 料理レシピやヘアアレンジは動画で学ぶ!DelishKitchenやTastyなどFacebookページを活用する8つの動画メディア

Pocket

    

会話型コマースが顧客との関係性を変える!新たなマーケティングの可能性を切り開く8つの会話型コマースサービス

conversationalcommerce
Pocket

ブランドと顧客のコミュニケーション方法を大きく変革する新たなトレンド「会話型コマース」、初めてその名前を聞く方も多いでしょう。会話型コマースとは、リアルタイムなチャット、メッセージング、会話等を通して行なう企業と人々のコミュニケーション方法を指します。

基本的には購入、予約、インストール、申し込みなどのアクションを伴う購買活動に用いられる手法ですが、今や顧客サポートやアフターフォローにおける顧客満足度をあげるための手段としての活用も進んでいます。

これまで人々はオンラインで何か購入をする際、まず広告を見てその商品を認知し、検索をして比較検討し、ブランドのWEBサイトに訪問して必要情報を入力し決済を行なうなどのアクションが必要でした。そのようなこれまでのインターネット上における煩雑な購買活動をよりシンプルで手軽なものにし、かつその顧客に最も最適なサービスを提供できる手段が今回ご紹介する「会話型コマース」です。
続きを読む 会話型コマースが顧客との関係性を変える!新たなマーケティングの可能性を切り開く8つの会話型コマースサービス

Pocket

    

必見のユニコーン企業15社まとめ!バブルの明暗を分ける10億ドルの価値を持つスタートアップとは?

10billionstartups
Pocket

テクノロジー界隈における「ユニコーン」という言葉の意味をご存知でしょうか?元々の意味は一角獣という伝説の動物のことを指しますが、その「誰もが一度は聞くけど、その姿を見た者はいない」動物の例えで、10億ドル(約1200億円)以上の評価額を得ている未上場企業のことをいいます。

少し前までは「その姿を見た者はいない」伝説のユニコーンと同じく、その数は微々たるものでした。エバーノート、ドロップボックス、ピンタレストなど日本でも有名なサービスをはじめとして、2013年11月までの10年間でユニコーン企業の仲間入りを果たした企業はシリコンバレーを拠点する企業を中心として39社のみ。

ところが、そこからわずか2年、2015年11月の時点で評価額10億ドルを超える企業は世界で141社までに急増しています。その企業価値の総額は5000億ドル(約60兆円)にまで達する規模に。
続きを読む 必見のユニコーン企業15社まとめ!バブルの明暗を分ける10億ドルの価値を持つスタートアップとは?

Pocket

    

Facebook広告の4つ効果とは?マーケティングや集客に役立つFB広告の種類を徹底解説

facebookimpact
Pocket

最大、15億人以上の人々に自分のビジネスを知ってもらうことができるFacebook広告。地域、性別、年齢、興味・関心などの細かな条件設定を行い適切なターゲットに対して、広告を表示することができるこのFacebook広告は、3ヶ月で2兆円もの売上をあげるGoogleの検索連動型広告(リスティング広告)を脅かす存在として知られています。(※2015年第3四半期の売上)

これまでのインターネット広告といえば、任意のキーワードで検索をした人に対して広告を表示する検索連動型広告が主流でした。しかし近年、モバイルやソーシャルメディアの利用が急増しそのインターネット広告の主戦場が移り変わりはじめています。(米国では2016年中にFacebook広告を含むディスプレイ広告等の売上が検索連動型広告における売上を初めて超える見込みがたっています。)

世界中で増加するスマートフォンユーザーは主に友人とのコミュニケーションにおける利用が中心となっているため、検索よりもソーシャルメディアやメッセージサービスの利用時間が増加します。実際Facebookの2015年における売上においてもモバイルでの広告売上の76%を担うなど、今後より伸びていくモバイルディスプレイ広告市場に対していち早く最適化しているのが伺えます。
続きを読む Facebook広告の4つ効果とは?マーケティングや集客に役立つFB広告の種類を徹底解説

Pocket

    

ホテルよりも民泊で沖縄ローカルを体験!Airbnbで泊まれる4つの沖縄のおすすめの宿

okinawa-airbnb
Pocket

ブセナテラス、ラグナガーデン、ANAインターコンチネンタルなどなど沖縄にはとても素敵なリゾートホテルがたくさんあります。どれも素晴らしいオーシャンビューを持つホテルであり、沖縄に観光に来る際はどのホテルに泊まるか考えるのも楽しい悩みの一つではないでしょうか。

最近ではリッツカールトンやハイアットリージェンシーなど、外資系の高級ホテルも増え、一流のサービスに癒やされながら沖縄を楽しむこともできます。この記事をご覧になっているあなたもいづれかの沖縄のリゾートホテルに宿泊をされた経験があるかと思いますが、次回の沖縄旅行はあえて「民泊」という選択肢はいかがでしょうか?今、世界中の旅行者に活用されているAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスを使えば、ホテルと変わらないクオリティを持つ沖縄在住の方の自宅に宿泊することができます。
続きを読む ホテルよりも民泊で沖縄ローカルを体験!Airbnbで泊まれる4つの沖縄のおすすめの宿

Pocket

    

【保存版】沖縄をはじめとした11都道府県の地方自治体による観光PRプロモーション成功事例

eyecatch-torism
Pocket

ブランド総合研究所と呼ばれる調査機関が発表する「地域ブランド調査」というのはご存知でしょうか?これは47都道府県を対象に認知度や魅力度、イメージなど全74項目からなるアンケート調査で、全国の3万人以上もの人々を対象に毎年実施されています。このリサーチによる2014年の県別ランキングは1位から順に北海道、京都、沖縄と並び観光地として知られる場所が上位を占める結果となっています。(東京都、神奈川県、奈良県、福岡県などのがその後に並びます。)

動かしようのない自然や文化などの観光資源、そして気候や食文化、そして昔からのイメージなどもあり、それらのランキングを大きく変えることは難しいかもしれませんが、インターネットやスマートフォンが普及した今、各都道府県、及び地方自治体の観光プロモーションの流れが激化してきています。もはやどれだけあるかわからない各地のゆるキャラをみてもその勢いが見て取れるでしょう。
続きを読む 【保存版】沖縄をはじめとした11都道府県の地方自治体による観光PRプロモーション成功事例

Pocket

    

認知獲得から購入まで!顧客ファネルに応じた適切なWEBマーケティング施策10の方法

marketing_method
Pocket

もう多くの方がご存知の通り、人々のメディアへの接触時間は近年大きな変革を迎え、2014年の段階でパソコン/スマホ/タブレットの合計接触時間は既にテレビの接触時間を上回っています。

具体的な内容を見ると例えば、”男性は40代まで、女性は30代までの層はインターネットをしている時間のほうがテレビよりも長い”、”20代女性は最も多くの時間メディア接触をしておりそのほとんどインターネット利用”などなど、4マスといわれるこれまでの主な広告媒体(テレビ、雑誌、新聞、ラジオ)だけでは適切な顧客にリーチができなくなっているのは明白です。

これらは2014年の博報堂DYメディアパートナーズの「メディア定点調査」からのデータですが、今となってはさらにその傾向が顕著にみられるでしょう。
続きを読む 認知獲得から購入まで!顧客ファネルに応じた適切なWEBマーケティング施策10の方法

Pocket